10月22日
 
    
 

始めに

 水曜日はイエサブの使用料金がかからず、更に暇を作れる面子も多いということで前々から計画は持ち上がっていた水曜オフ。
 みんなのスケジュール調整の結果、今日この10月22日へと決定した。
 今回はオフ会初参加のRUSTさんを加え、平日であるにもかかわらず6人もの面子が集結した。

   
 

セッション紹介

アクトナンバー:No.33
■シナリオ名:明日へ架ける橋
  出典:SSS vol.7「雷の娘」のDコンバート

■RL:むらさき
※全SSS中このシナリオが最も出来が良いと主張するむらさきさん。このシナリオの仕掛けを更に生かすために色々とシナリオに手を加えていたようです。PLにアラシがいるため、その辺に対する準備も万端。クライマックスでは派手なウォーカー戦を展開していました。

■キャスト&PL
・カブトワリ枠:RUST
※はるか群馬の奥からはるばるやってきてくれたRUSTさん。N◎VA初心者ということですが、PC@だったこともあってきっちりとPC@ロールでカッコよかったです。

 
▼化野 寸(カゲ、レッガー●、カブトワリ◎)30歳前後、男性
 RUSTさんの初手は武神降臨でもおなじみの寸です。
 色々とイカサマっぽい技を主体なキャストみたいなことを言っていましたが、運動を組み合わせた射撃演出はかなりカブトワリとして直球な球を投げてきていてカッコよかったです。

・ニューロ枠:OKINA
※武神降臨きっての演出家の一人OKINAさんは今回余命いくばくもないオンナノコニューロを投入、はたして今回はどんなドラマが生まれるのやらと思ったら、予想とは違うところですごいことに(爆砕)

 
▼“いつか鐘の鳴る日まで”アイリス(カリスマ●、ニューロ=ニューロ◎)13歳、女性
 

・イヌ枠:シェンツ
※今まではちょっと猫を被っていましたけど今日は本気でいきますと宣言していたシェンツさん。RLのむらさきさんも全力で拾いに言った結果本当にすごいことに……(爆)

 
▼“一人アーマゲドン”氷見山 狂魅(アラシ●、カブトワリ、イヌ◎)22歳、女性
 本来ならば死刑を言い渡されるほどの重罪人だが、その命を千早冴子に買われた最凶死刑囚。
 自由を取り戻すために脳内爆弾相当の爆弾付首輪をつけて今日も元気にウォーカーを駆るアッパー系問題児。

・フェイト枠:浅間 忍
※防御神業が足りないということで浅間さんは新キャラを用意。必要上にアクトに絡みすぎずに、でもアクトから置いていかれないスタンスを狙っているとのことで、いい動きをしていたんじゃないかなぁ

 
▼国津 青俊(カブキ●、カブト、フェイト◎)15歳、男性
 
 

・クグツ枠:ジニア
※今日のキャストは構想自体は前からあったんですが、機会がなくてようやっと実動となった夏芽です。さすがに、色々と夢を詰め込んだせいでRR時代の経験点をほぼ一掃してくれました(苦笑)

 
“Piece of the Sun”千早 夏芽(エグゼグ◎、ハイランダー●、トーキー)16歳、女性
 千早俊之の養子の一人で、千早系メディア企業「チハヤ・ニューズ・ネットワークス」の社長。
 アルファ=オメガから聞いたテロリストの噂に興味を持ち、湖の明日へ架ける橋事件へとかかわることになる。
   
 

セッション紹介

アクトナンバー:No.34
■シナリオ名:Dog Days
  出典:SSS vol.13「黄金の猟犬」のDコンバート

■RL:浅間 忍
※必要上に夢を投入しない様にとセーブ気味だった浅間さん。ふかし過ぎると暴走しやすいのでこのくらいのふかし方がちょうどよさそうに感じました(爆砕)。

■キャスト&PL
・イヌ枠:シェンツ
※今度は主役のシェンツさん、さっきはかなりアクセルふかしていたのでこんどのPC@は大丈夫かなぁと心配していましたが……さっきとは違った意味でアクセル全開。今まででも思いましたけどシェンツさんの演出能力の高さを感じました。

 
▼“一人アーマゲドン”氷見山 狂魅(アラシ●、カブトワリ、イヌ◎)22歳、女性
 本来ならば死刑を言い渡されるほどの重罪人だが、その命を千早冴子に買われた最凶死刑囚。
 自由を取り戻すために脳内爆弾相当の爆弾付首輪をつけて今日も元気にウォーカーを駆るアッパー系問題児。

・フェイト枠:RUST
※RUSTさんの次手はマヤカシ系フェイト。ちょっとどころではなく電波が入りまくっていてすごくガードが高かったです(苦笑)

 
▼“フォッグ”霧山(フェイト◎、マヤカシ●、トーキー)21歳、男性
 

・レッガー枠:ジニア
※僕の次手はDになってカーライル縛りがなくなったおかげでかなり幅を持たせて使用できるようになったアレックス。みんなのロリコンだとかそういう野次にも負けずにカッコよさを貫けた、はず……。

 
“Red Knight”アレクサンドロ=ベトルーシオ(カブト●、カタナ◎、レッガー)33歳、男性
 騎士を自認する誇り高きカーライルシンジケートの殺し屋。
 ハウンド時代の稲垣に命を救われたことがあり、その恩義を返すために彼の依頼を受けることになった。

・クグツ枠:OKINA
※OKINAさんの次手はヒルコ系クグツ。途中まですごくいい動きをしていたんですが……クライマックスでちょっと夢暴走を起こしていました(苦笑)。PCCなのにいい気になりすぎです(爆砕)

 
▼“ミッドナイトチョコレート”御堂 千代子(ヒルコ、バサラ●、クグツ◎)20歳?、女性
 

・ニューロ枠:むらさき
※本来はトーキーなのですが、RUSTさんのキャストにトーキーが入っているので変更してニューロ枠。ガードの低さではピカイチのむらさきさんはオンナノコを投入、キャスト間コネのウチのアレックスに良い感じに絡んでくれてすごく助かりました。

 
▼“Little Shield”浦沢 リサ(カブト、フェイト◎●、ニューロ)12歳、女性
 カブトになりたいけど身体がちっちゃいからニューロして他人を守ろうと頑張るオンナノコ。
 PL紹介の通りウチのキャストと絡んでくれてかなり助かりました。
   
 

感想や考察など

 一日二本プレイで両方ともPLというのはかなり久しぶり、多分Dの発売以降では初めてだったのではないでしょうか。
 そんなわけで事前準備にあたふたしたり、プレッシャーを感じたりせずにゆったりと準備できてなかなか久しぶりの体験でした。

 さておき実際のプレイに関してですが、何がともあれ楽しかったです。やっぱりTRPGは楽しい。
 まずは一本目の「明日へ架ける橋」。PCDだから多少はフラストレーションがたまったものの、RLのむらさきさんもプレアクト情報を基にちゃんと各キャストを上手く拾っていけていたと思う。ただ、拾いすぎて少しアクトの濃度が高くなりすぎてしまったかなぁという面が無きにしも非ずでちょっと疲れてしまったが、それでも楽しかった。
 次に二本目「Dog Days」、エクスプローダーに過剰な夢を搭載しなかったのはメカ好きなのによく自制した浅間さんという感じ。こっちとしてはむらさきさんのキャストと上手い感じで絡めたのが美味しかった。ただ、まだ不慣れなRUSTさんに冴子さんとのからみが必要なフェイト枠を投げたのは少し失敗だったかも。RUSTさんが微妙に方向を見失っていたように感じました。まぁ、それでもみんな楽しめていたようですし、僕も超楽しかったのですが。

 とまぁ超楽しかったわけですが両方のアクトが終わった後、僕は微妙な物足りなさを感じていていました。
 色々と考えて見て思ったのが「あぁ、ちょっとお上品に引いた感じのキャストばっかやっているからなのなぁ」ということ。もっと自分から動いていける、アクティブなキャストをつくろうとか思いました。

   
 
 
   
 
 
   
 
-All rights reserved-
 Copyright:zinnia(mailto:zin12@hotmail.com
        kohga(mailto:koh_ga@yahoo.co.jp
 URL:http://tcnweb.ne.jp/~zinnia/index.html
 URL(MIRROR):http://garden7010.tripod.com/index.html
Make your own free website on Tripod.com