2004年4月第3週
 
    
 

4月15日(Thu)

アクトタイトル:Revengers' Mebios
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:オリジナル
 RL:ジニア

イヌ枠:“氷の魔狼”天草 氷也(バサラ、チャクラ、イヌ◎●)
 ベテランのハウンド。冷気を操り作りあげた氷の剣を手足のごとく操る。
――PL:天色在人君
 学校の後輩の天色君。天色君はこっちの言って欲しいセリフをちゃんと返してくれるので、RL側としても非常に安心感があってやりやすいです。

マネキン枠:池下 弥生(カブキ●、ミストレス、マネキン◎)
 絵描きのマネキン。休日には公園でよく絵を描いている。
――PL:IB君
 学校の後輩でこのシナリオの原案者。やっぱ原案者というだけあって切れ味の鋭いロールを返してくるなぁという感じでした。

カタナ枠:“灯消の鎌”須藤 翔(カタナ◎、カゲ●、チャクラ)
 依頼人に金銭的報酬ではなく大切なものを代償に求める殺し屋。暗殺拳の使い手。
――PL:カクタス君
 学校の後輩のカクタス君は前にも使ったことのあるキャストで参加。非常にカッコよくロールも安定しており、やっぱりこのキャストはカクタス君の顔キャストになるんじゃないかなぁと思いました。

ニューロ枠:天堂 優(ミストレス、タタラ◎、ニューロ●)
 ぴちぴちの中学生ニューロ。自分の幼い容姿にコンプレックスを持っており子供扱いすると怒る。
――PL:アル君
 学校の後輩のアル君は顔キャストでの参加。周囲の全員がキャラクターが分かっているためにロールが上手く回っている感じでした。やっぱアル君はこういう一癖あるキャストやらせると上手いなぁと思いました。


 日曜日にやにおさんと卓を囲めることになったのですが、昨日にいきなりRLをお願いされてしまったのでその予行演習として面子を集めてプレイしました。
 シナリオ原案者のIB君がいたこともありアクトは全体的に上手く回って言ったと思います。エンディングとかでもいい描写が出来たしね。やっぱりこうやって何度も遊ぶことでシナリオの錬度が上がっていくのを実感できます。
 ちなみに今回で記念すべき100アクトを達成しました。


4月16日(Fri)

アクトタイトル:Don't worry, I can't cry.
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:オリジナル
 RL:ジニア

ミストレス枠:柳 命(ミストレス=ミストレス◎●、マヤカシ)
 アサクサにあるバーのマスター。霊能力を持つ名門に生まれたが能力が弱かったために捨てられた過去を持つ。
――PL:フォルス君
 学校の後輩のフォルス君は今回のために新キャラを新造してもらいました。狙っていたのかどうかは分からないのですが、捨てられたというキーワードを生かしたロールプレイの切れ味が非常に鋭かったです。

トーキー枠:南川夏木(カリスマ、フェイト、トーキー◎●)
 ノリの軽いトーキー。チャキチャキのアサクサっ子でアサクサの治安を回復すべく頑張る。
――PL:AQUA君
 学校の後輩のAQUA君。アサクサの治安を守るというキーワードを上手く拾ってくれたのが非常に助かりました。

レッガー枠:ビリー=ライアン(カタナ、レッガー◎、カブトワリ●)
 クーゲルに復讐を誓う元シンジケートの男。クーゲルを殺すために彼と敵対する河渡連合の客分となった。
――PL:鉄君
 学校の後輩の鉄君。元シンジケートながらクーゲルへの復讐のために河渡連合に下るという構図を打ち出していたのが非常に助かりました。そして、やっぱり鉄君のキャラはカッコいいなぁと思いました。

イヌ枠:尾江 清二(カゲ●、イヌ◎、ニューロ)
 ストリームの膨大な情報を処理しきる計算能力と光学迷彩を用いた肉弾戦を武器とするベテランハウンド。
――PL:M&M君
 新入生のm&m君が興味を持ったので参加してもらいました。先に“スリードッグナイト”を読んでもらったこともありかなり早くに順応していました。非常にカッコいいイヌロールだったと思います。

カブト枠:皇 桂(カブト、フェイト◎●、レッガー)
 熱血少年探偵。
――PL:ランド君
 学校の後輩のランド君は顔キャストで参加。少しひねって探偵導入にしたところピントがぼけてしまった部分もあり魔師たが、そこを上手い感じにリカバリーしてもらったので助かりました。


 予行演習第二弾。ちょっとカブトの回し方で失敗した感じだったのが難点でしたが、まぁおおむね上手くいった感じです。
 やはり取り回しがトリッキーなアクトなので、事前にもう一度回すことで得られたものは大きかったです。


4月17日(Sat)

アクトタイトル:Wired Girls&この空の向こうに
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:Super Scenario Support vol.3 “Calling You”
 RL:ジニア

トーキー(1本目):“死を見る瞳”小泉 和人
 恋人をなくしてから自分の命の価値を見出せなくなった男。臨死体験からか人の死を見ることができる。

トーキー(2本目):“キッズ・エクスプレス”佐奈月 ニナ
 脳死から奇跡的に復活した過去を持つ少女、植物人間だったため年齢よりも幼い容姿をしている。探偵学校の報道部に所属。
――PL:スタンピードさん
 学校のOBさん。二本目はどうしても佐奈月で出たいという要望からニ本でキャストチェンジして遊びました。要望を出していただけあって非常に上手い立ち回りで、パーフェクトでした。

タタラ:紅月 あいり
 町医者。副業によりよく診療所を閉めることがあるが、医者としての腕は優秀。
――PL:あやさん
 地元サークルのお仲間のあやさん。一本目はちょっと粕川うららと友人ではないという立ち位置で動いていたのでちょっと大変でしたが、やはりそれでもロールが安定していて一緒に遊んでいて安心感があります。

フェイト:天美
 霊感を持つ落ち着いた感じの探偵。
――PL:天色在人君
 学校の後輩の天色君は顔キャストでの参加です。ちょっと見せ場があまり渡せなくワリを食わせてしまった感じですが、それでも裏方として舞台骨を支えていただき非常に助かりました。

カタナ:“夜の月”ケイン・ハートリー
 マイケルグローリーの養子で荒事を生業とするバウンティハンター(あとでサイト見に行ったら実子だった様子:笑)。
――PL:朱月さん
 ブロッサムのお知り合いの朱月さん。実は卓を囲むのは今回が初めてでしたが、非常に安定したロールでカッコよかったです。シナリオへのリアクションもよかったので一緒にやっていて非常に助けられました。


 というわけでやりたくて仕方なかったトーキーSSSを遊びました。
 RLは初めてということもあって一本目のゲストのロールで悪乗りしちゃったりとした部分もありますが概ねよかったのではないかと思います。やっぱり二本目の“この空の向こうに”が非常にいいシナリオで、PLたちにも非常に好評だったのでよかったです。
 やっぱトーキーSSSはいいなぁ。


4月18日(Sun)

アクトタイトル:Don't worry, I can't cry.
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:オリジナル
 RL:ジニア

ミストレス枠:市原 コウジ(カブキ◎、バサラ、ミストレス●)
 親父と二代経営しているバーのマスター。
――PL:赤目カラスさん
 相も変わらず頭おかしいくらいに格好いいPC@ロールだった。やっぱ、すごいよこの男(笑)

トーキー枠:木下 三郎(カゲ、カブトワリ、トーキー◎●)
 元殺し屋だが暴力では何も解決しないと銃をペンに持ち替えたトーキー。
――PL:タナカさん
 初めましてのタナカさん。途中連発したボケは素なのか、緊張したからなのか……(笑)。フットワークの軽さには色々と助けられました。

レッガー枠:“オーストリッチ”牙山 甲ニ(カゼ●、チャクラ、レッガー◎)
 元戦闘機乗りだったが事故で下半身を失ってヤクザ担った男。チビだが怪力。
――PL:中村やにおさん
 初めましてのやにおさん。子分連れたちょっと偉いレッガーロールは上手いなぁと感心していました。シナリオ構造を先読みして、一人全ての構造を見切ったようなロールもすごかったです。あぁ、あと怪力で相手を地面に埋めているのは本当に楽しそうでした。これがやにおマニューバか(笑)

イヌ枠:“不良警官”シンジ=T=マクレミッツ(バサラ、レッガー、イヌ◎●)
 機動捜査課きっての不良警官。実はあの稲垣光平の息子。
――PL:サカタさん
 今日で遊ぶのは二回目のサカタさん。なんて言うか、負けロールすごすぎ(笑)

カブト枠:“紅い靴”オニキス(アヤカシ、カブト●、カブトワリ◎)
 元は聖母殿の備品だったがとある少女を救うために聖母殿を敵に回したアヤカシ。
――PL:聖惷桜さん
 ビッグナンバーとして出過ぎず、それでいて他のキャストを立てつつカッコつけるパーフェクトな動き。やっぱ聖さんは上手いなぁ。


アクトタイトル:Revengers' Mebios
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:オリジナル
 RL:ジニア

イヌ枠:“操作官”フィッシュライン(カリスマ、イヌ◎●、ニューロ)
 捜査妨害で妻子を失った男。捜査官をやっているがイヌというスタイルが一番嫌い。
――PL:中村やにおさん
 駄目だ、カッコいい。カッコよすぎる。もう、痺れまくりなくらいカッコいいハードボイルドキャラでした。「先輩のハンドルカッコいいっすよね」というシナリオコネの後輩のセリフに「ただの洒落さ」と切り返すシーンとかはすごいカッコよかったです。

マネキン枠:“ギアツィンド”ソーニャ=ミハイロヴィッチ(カリスマ●、マネキン◎、ニューロ)
 元バーブチカの殺し屋だったが足抜けした女性。恋人の敵をとるために裏社会へと復帰。
――PL:聖惷桜さん
 殺し屋をやめてマネキンになった、弱い女。その彼女が事件を通じて殺し屋でもマネキンでもないニューロとしての道を見出すという路線をきっちりと通していたのにはさすがという感じです。

カタナ枠:十六夜 静(バサラ●、カブトワリ◎、マヤカシ)
 覆面で顔を隠しローブをまとっている中性顔の男性。武装弓の魔器を武器とする。
――PL:赤目カラスさん
 武装弓の魔器一を使う寡黙な殺し屋、というフレーズだけでカッコよすぎです。言葉少なく、しかし的確に美味しいところを取っていくというすごく非常に赤目さんの「上手さ」がよく出ていたと思います。引いてよし、押してよし、トス上げてよし。なんていうか、死角がない強さだよなぁとか思いました。

ニューロ枠:織部 兼俊(クグツ●、イヌ、ニューロ◎)
 N◎VA軍電子戦部隊伏雷隊長。表向きの顔は情報サービス会社の社長。
――PL:サカタさん
 先に軍人をやりたいという打診はあったのですが、蓋を開けてみるとすごいキャラ来たなぁ(笑)。
 先ほどまでの負けロールはどこへやら今度は勝って勝って勝ちまくっていました(笑)。それでも他のキャラを立てつつ上手い立ち回りなのはすごかったです。

トーキー枠:木下 三郎(カゲ、カブトワリ、トーキー◎●)
 元殺し屋だが暴力では何も解決しないと銃をペンに持ち替えたトーキー。馬鹿だけどいいヤツ。
――PL:タナカさん
 他がいわゆる良心を前面に押し出すキャラじゃない中、ひとり人情味にあふれてドラッグを許せないという熱血ロールに助けられました。それで最後やりすぎてフィッシャーズラインに捕まったのはご愛嬌(笑)


 聖さん伝であのやにおさんと卓を囲みました。
 セッションも全員が全員キャラ立っていて、すごくカッコをつけられた非常にすばらしいセッションになったと思います。
 まぁ自分的に自分のマスタリングを振り返ると色々と荒も見えてしまうのでその辺はちょっと複雑ですが、それでも楽しんでくれたようなので本当によかったです。
 何がともあれ本当に楽しい一日でした。これだからTRPGは止められません。

 
 
 
 
   
 
 
   
 
 
-All rights reserved-
 Copyright:zinnia(mailto:zin12@hotmail.com
        kohga(mailto:koh_ga@yahoo.com
 URL:http//garden7010.tripod.com/index.html
Make your own free website on Tripod.com