2004年5月第2週
 
    
 

5月5日(Wed)

シナリオタイトル:小さな恋のメロディ
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:03JGCシナリオ集

▼フェイト枠:“絶対零度の信念”真山 静流(カリスマ、マネキン、フェイト◎●)
 ハードな過去を持つ探偵。無意識的に完璧な人物を演じているが、気を許した相手の前では脆さを見せることもある。
――PL:U-kaiさん
 ブロッサムで知り合ったU-kaiさん。気を許した相手の前でドジを踏んで相手に放っておけないと思わせる<一期一会>の演出をやっているU-kaiさんはとても輝いていました。きっとU-kaiさんの好きなタイプのキャストなんだなぁ(笑)。

▼クグツ枠:“不動の拳士”ヴォルフ=ハザード(バサラ、クグツ◎、チャクラ●)
 元ボクサー。色々とあって今は義体化して千早重工のクグツとなっている
――PL:KROVさん
 今回初めましてのKrovさん。PCAながら他の流れを先行したために自分は一歩引きつつ仕事をこなし、そしてカット進行ではクールに決めるという完璧な仕事ぶりでした。

▼ニューロ枠:BD(イヌ●、ニューロ=ニューロ◎)
 一度死んだがAIとして復活したニューロ。今はバウンティハンターをやっている。
――PL:朱月さん
 ブロッサムで知り合った朱月さん。不良少年っぽい斜に構えたロールと、それでも友達のために動くニューロキッズっぽさが非常に好感が持てるニューロでした。

▼イヌ枠:“アイドル刑事”哀川 光司(カブキ◎、カリスマ●、イヌ)
 国民的アイドルながら、超大作刑事ドラマの役作りの為に実際にハウンドに所属しているカブキ。
――PL:カナスギさん
 聖さん経由で知り合い、今回は朱月さん経由で卓を囲むことになったカナスギさん。なんていうか、もう色々と反則。気障キャラクターロールをベースに熱血刑事ロールを織り交ぜた危険キャラクター。やばいくらいの破壊力でした(笑)。

▼トーキー枠:“常在戦場”新木 兵庫(カブキ●、タタラ、トーキー◎)
 元戦場カメラマン、ファインダーを切ると爆発を起こす呪いにかかっている……?
――PL:doさん
 今回初めましてのdoさん。スタイルからは想像もできないような超カッコいいキャストでした。パーティで一番の年長者ということで親父さんみたいな頼れるナイスガイでした。

◆RL:ジニア
 初対面の人が多かったこともあり、なるべく素直な進行を心がけてルーリングしました。しかし、読み込みが足りずちょっとごたついてPLに助けられた場面もあり課題は残ってしまいましたね。何度か遊んでいたとはいえ、もうちょっと事前に演出を変えるところを具体的に洗い出し、全体の流れをシュミレートしておくべきでした。とはいえ、皆さんには楽しんでいただけたようなのでよかったです。


シナリオタイトル:ロストエデンへようこそ
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:オリジナル

▼ニューロ枠:(カブキ、タタラ、ニューロ◎●)
 ジャック・オ・ランタンのアイコン・帽子・タップを扱うバリバリのニューロキッズ、ハードゲーマー。
――PL:ジニア
 キャストデータを持っていかなかったのでその場で作成しなおした4代目のパンプキンヘッドです。最初からやりたい構想をまとめてやりたいことを詰め込んだので結構経験点を積んだもののその分使いやすいデータになりました。よく使うお気に入りキャストということもありフットワークの軽さを生かしたつなぎとニューロキッズロールは結構いけたのではないかな?と自分では思っています。

▼クグツ枠:千影(フェイト、クグツ◎、カゲ●)
 千早一族に代々使える忍の末裔。千早俊之の直系の子孫ながら牙の一族ではなく裏方に徹している。
――PL:朱月さん
 ブロッサムで試合あった朱月さん。今回はPCAながらちょっと本筋とは離れた場所からのスタートで色々と大変そうでした。でも、表舞台に出るようになってからの忍ロールはすばらしかったです。探偵助手をクサとして情報を探らせる演出は独特で面白いなぁと思いました。

▼フェイト枠:“クイックペッカー”霧島 翔(フェイト◎●、カブトワリ、ハイランダー)
 アサクサ少年探偵団を使う探偵、クールにビズと感情を切り分けて考えられるタイプ。
――PL:Krovさん
 今回初めましてのKrovさん、今回も脇を固めるようなハードボイルドロールでカッコよかったです。今回は依頼人が敵役という立ちどころだったのですが、その情報を早々に開示せず場の流れを読んでカードを開いたテクニックがすばらしかったです。

▼イヌ枠:“斬奸刀”吐鬼 御門(カタナ=カタナ●、イヌ◎)
 強い奴を斬るためにハウンドをやっているおばあちゃん。口癖は「そそるねぇ……(鮫のように笑う)」
――PL:カナスギさん
 聖さん経由で知り合い、今回は朱月さん経由で卓を囲むことになったカナスギさん。先ほどとは違い、一転して「剣豪」ロールを突き進んでいました。実はこの前ご一緒してからこのキャストはめちゃめちゃ好きだったのでまた見れて嬉しかったです。いや、カッコいいんですよマジで。

▼トーキー枠:“常在戦場”新木 兵庫(カブキ●、タタラ、トーキー◎)
 元戦場カメラマン、ファインダーを切ると爆発を起こす呪いにかかっている……?
――PL:doさん
 今回初めましてのdoさん。前回とはうってかわって今回はコミカルにカブキを演出していました。このキャストは幅が広いので面白いなぁと思いました。

◆RL:U-kaiさん
 ブロッサムで知り合ったU-kaiさんは今回オリジナルシナリオを引っさげてきました。ゲストの立て方とか面白く、好みなどに結構波長があうものを感じました。まだ細かいところでは手を加える余地がありますが、シナリオもオーソドックスながら盛り上がるすばらしいシナリオだったと思います。楽しかったです。


 ブロッサムで知り合った朱月さんやU-kaiさんに誘われてU-kaiさんたちのプレイグループにお邪魔させていただきました。やはり普段遊んでいない面子と遊ぶのは楽しいもので、いつもとは違った雰囲気で遊べて非常に楽しかったです。オリジナルシナリオも遊べましたしね。
 個人的にはセッション以外の駄弁りとかも面白く、特にナンバーズの話とか色々と楽しかったです。また機会があればご一緒したいなぁと思いました。次は……夏、かな?


5月6日(Thu)

シナリオタイトル:Sleeping Dirty
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:RR-SSS“失われた翼”

▼カブトワリ枠:ニコル=レイグラント(タタラ◎、カゲ、カブトワリ●)
 普段はミリタリーショップを経営しながら、裏で殺しの依頼を引き受ける仕事人。
――PL:秋風奈月君
 学校の後輩。PC@ながらセリフが出てこずもどかしそうだった。こっちのフォローが足りなかった部分も大きいのでちょっと申し訳なかったかも……。

▼フェイト枠:“夢語る嘴”ウグイス(ハイランダー、マヤカシ、ニューロ◎●)
 腕利きのニューロ、アイコンはウグイス。カッコウの弟。
――PL:マイル君
 学校の同期。ここ一、二年ほど遊んでない間にずいぶん厨房になったなぁと思う今日この頃(笑)。でも、これからニューロSSSが終わったらカブトワリSSSをやろうと思っている現状では非常に流れにマッチしたキャストだと思います。まぁ、僕以外の参加者にカッコウが分かるかは微妙なところなんだけれども^^;

▼イヌ枠:火澄 聖(カゲ、カブトワリ、イヌ◎●)
 腕利きのハウンド捜査官。二児の父で、娘には優しいが息子には厳しいらしい。
――PL:ランド君
 学校の後輩のランド君。イヌは捜査情報というカードをどう切るかというのが重要なのですが、キャスト間コネを使ってその辺を上手く立ち回っていたのが上手いなぁと思いました。

▼クグツ枠:鳳 力(カタナ、クグツ◎、チャクラ●)
 代々千早に仕える鳳家の一員。
――PL:鉄君
 学校の後輩の鉄君。叩き上げのクグツという設定がいい感じに生かせているキャストで、魅力的ないいキャラクターだなぁと思いました。鉄君はカッコいいキャストやらせるとうまい。

▼トーキー枠:アンジェラ=ハイム(アヤカシ●、マネキン、トーキー◎)
 ヴァンパイアの少女、人間に興味を持ち人間の世界へやってきた。
――PL:フォルス君
 学校の後輩のフォルス君。個人的には設定を活かしきれていないように感じたのでもったいないなぁという感じです。こんなキャストをやる時点で恥じらいは棄てようぜ、バディ(笑)

◆RL:ジニア
 古いSSSなので色々と手を加えたい部分があって予想上の作業量になってしまいました。田舎帰りとセッションで連休中一切作業ができなかったこともあり当日にシナリオの本筋を手入れしなおすこれまたアクロバットぶりでした。いつも思うんですが、もう少し時間に余裕を持って動きたいものです。


 まだあまり昔のオフィシャルシナリオを遊んでいない面子相手にN◎VAのR時代のSSSをコンバートして遊ぼうと毎週木曜日はコンバートシナリオを遊ぶことになっています。第一弾として今日はニューロSSSより“Sleeping Dirty”を遊びました。
 結果は個人的には失敗。連休調整できず余力がない中でやったにしては上出来だけど、結局はPL側によっかかってしまったという褒められたものではない出来でした。やはり遊ぶ回数を減らしてでももっと調整に時間をかけるべきだと痛感しました。


5月7日(Fri)

シナリオタイトル:偽りの楽園
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:オリジナル

レッガー:川村 健太(アヤカシ●、レッガー◎、カブトワリ)
 アヤカシの血を引くため忌み嫌われていたが姐さんに拾われたヤクザ。
――PL:フォルス君
 学校の後輩のフォルス君。相棒が死ぬという非常にレッガーらしい導入のシナリオだったので、その仇は取るという一本芯が通ったロールプレイがよかったです。

ニューロ:フリーアイ(ハイランダー、ニューロ=ニューロ◎●)
 どんなところでも知覚する故にフリーアイと呼ばれるニューロ
――PL:AQUA君
 学校の後輩のAQUA君。実はPC@の導入の印象が濃すぎてキャラクターとかはかなり朧げなのですが、軽いフットワークで頑張っていたような気がします。

フェイト:天美(ミストレス●、フェイト◎、マヤカシ)
 霊感を持つ落ち着いた感じの探偵。
――PL:天色在人君
 学校の後輩の天色君は顔キャストの天美で参加。前にやった“ドゥームズデイの雪”で得た聖母の涙に守られる演出の≪守護神≫が上手いなぁと思いました。全体的にリサーチでも芯になり、さすがに安定感があるなぁと感心しました。

イヌ:尾江 清二(カゲ●、イヌ◎、ニューロ)
 捜査の為には非情にもなれるベテランのハウンド。ストリーム情報を知覚する能力に長ける
――PL:m&m君
 新入生のm&m君の顔キャスト。非常に渋く決めてくれました。m&m君はこういう系が向いているなぁと思いました。

トーキー:“レモン・トーカー”笹原イツキ(ミストレス、カリスマ、トーキー◎●)
 「役に立たない」という意味のスラング、“レモン”をハンドルに持つウェットな記事ばかりを書くトーキー。
――PL:ジニア
 当初は新キャラのAIの予定だったのですが、ニューロが多かったので無難にイツキに変更しました。周囲からは夏芽を期待されていたようですが……ストリートの話でメディア会社の社長はフットワークが重いのよ^^;

◆RL:鉄君
 鉄君のオリジナルシナリオは今回初めてプレイしたのですが、一回別の面子でやって叩き直したとはいえ初めてにしてはすばらしい出来のシナリオだったと思います。時間がなくてエンディングフェイズとかまで練りこめていなかったのは残念でしたが。
 まぁ、ここまでいい感じに流れてきているので今回張られた伏線をどう次回以降消化するかに期待、という感じです。


5月8日(Sat)

シナリオタイトル:ヴァニシングポイント
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:ロケット屋ダンデライオン

クグツ:咲夜 このは(クグツ◎、カゲ、チャクラ●)
 ウェットな部分とクールなペルソナを使い分ける凄腕のエージェント。
――PL:あやさん
 

フェイト:“外れ籤”外村 今日(ミストレス、カリスマ、フェイト◎●)
 いつも外れ籤ばかり引く弁護士、故に“外れ籤”。最近は副業の探偵業の方が儲かっているらしい。
――PL:よるむん君
 

カタナ:“クロスシャドウ”デリル=ポーカー(カゲ=カゲ◎●、チャクラ)
 カウンターを得意とする殺し屋。相手と影が交錯するから“クロスシャドウ”
――PL:IB君
 

イヌ:“Stray Hound”水無月 美琴(カブキ、カブトワリ、イヌ◎●)
 おっちょこちょいだけどやる時はやるハウンドの警官。
――PL:スタンピードさん
 

◆RL:ジニア
 諸事情あってシナリオ調整が間に合わずまたも“ロケット屋ダンデライオン”さんを頼ることになってしまいました^^;。


5月9日(Sun)

シナリオタイトル:Wired Girls & この空の向こうに
 システム:トーキョーN◎VA The Detonation
 掲載元:Super Scenario Support vol.3 “Calling You”

トーキー:“ハードラック★リポーター”ノエル(カブキ●、マネキン、トーキー◎)
 幸運に恵まれたトーキー、ミニスカ。
――PL:Tsukaさん
 お久しぶりのTsukaさん。ミニスカとかの危険単語は出ていましたが、アクト中は本当にハードラックな演出のみでコミカルなことはしないちゃんとしたPC@なトーキーさんでした。周りのパワーに若干おされ気味だったようにも見受けられましたが、要所はきっちりとカッコよく決めてくれました。

タタラ:“小符仙”マオ(バサラ●、タタラ◎、カゲ)
 符術の使い手の術士
――PL:サカタさん
 符術士という独特のスタンスのキャストを投入してきたサカタさん。どんどん加速度的に厨房力が上がっている様は見ていて楽しかったです(爆砕)。でも、厨房でもきっちりとハンドリングを取れるのでサカタさんはすごいなぁと思いました。

フェイト:“猫探し”ウィリス(ミストレス、フェイト◎、ニューロ●)
 猫探しばかりを依頼される探偵、故についたハンドルが猫探し。身長190センチを超える巨漢。
――PL:雅寿丸さん
 初めましての雅寿丸さん。今回Dは初めてということで少し緊張しましたが、RRでは猛者っぽい雰囲気で小技をちょろっと教えるだけで大丈夫でした。今回はバトーみたいな外見のハードボイルドな探偵という風情だったのですが、これが非常にカッコいい。いやー、すごくカッコよかったです。

カタナ:“二代目”エクスカリバー(カゲ◎、チャクラ、カブトワリ●)
 シンジケート最強の殺し屋に与えられるエクスカリバーの名を授かった美少女ガンマン。
――PL:緋さん
 ついにあの緋さんとファーストコンタクトです。キャストはあの“二代目”エクスカリバー。GXDに掲載されているあの人は緋さんだったのか……と思いきや、「これだ!」と思った緋さんがパクッたそうです(笑)。イメージはファントムのドライだそうです。非常にカッコよかったです。あとやはりトス上げが非常に上手くて本当に助けられました。

◆RL:ジニア
 今回ブロッサムRL初挑戦でした。
 最初は緊張しましたが飛び込んでみると皆さんお上手なので非常に助けられました。
 
 キーワードリンクでちょこっと失敗したり、某ゲストの≪神の言葉≫を数え忘れててあわやキャストに死者を出すところでしたが概ね上手くやれたのではないかと思います。


 9日はブロッサムでした。
 今日はいつもより狭い会場だったのですが、人が来るわ来るわ来るわ……4卓立たないと面子があふれるという恐ろしい盛況ぶりでした。

 そんなわけで、というわけでもないのですが今日はトーキーSSSを立てることにしました。
 猛者が多いのでブロッサムでRLをやるというのは非常に緊張したのですが、SSSならばやれるだろうと思い挑んでみた感じです。
 僕以外ではU-kaiさんがこの前やったオリジナルシナリオのリメイクを、ムトゥさんがルナSSSを、◎畑さんがアルシャードSSS11を立卓していました。

 プレイは全員が全員、非常にカッコよくて超楽しかったです。やっぱ、ここは猛者が多いなぁと再認識しました。

 非常にすばらしいセッションを終えてお食事会へ。
 SSSスタイルにあわない人の話とか聞けて色々とためになりました。やっぱりそういうのばっかり遊んでいると価値観が固定される傾向にあるので、また自分の価値観を客観的に見られる機会が持ててよかったです。

 帰り際も色々とあって中村さんに「コテンパンにしてやる」とか言われてガクガクしたリ、緋さんのことを褒めたらギニさんからまるで珍獣を見るような目で見られたりしながら楽しく帰りました。
 いやー非常に充実した一日でした。楽しかったです。

 
 
 
 
   
 
 
   
 
 
-All rights reserved-
 Copyright:zinnia(mailto:zin12@hotmail.com
        kohga(mailto:koh_ga@yahoo.com
 URL:http//garden7010.tripod.com/index.html
Make your own free website on Tripod.com