Make your own free website on Tripod.com
-->
第2ラウンド



相も変わらず強力なカウンターの切れを見せる「李 武狼」選手とさまざまな柔の技を使いこなす「ロッキィ」選手の対戦です。

「拳法」VS「バリツ」
お互い柔と剛の由緒ある流派対決となったこの試合
古流試合を制すのはどちらだ!?



VS

    

李 武狼 リングネーム『ロッキィ』


ミレーユ:さて、この試合はどうみますか?
副委員長:武狼は一度組まれると弱い、ロッキィは武狼を捕まえれば勝利は難いな
委員長:しかしその分組ませる前にカウンターで勝負を極めるのが武狼選手のスタイルですからね。状況は五分、といったところじゃないでしょうか
ミレーユ:なるほど、それでは第一回戦第四試合、2ラウンドのスタートです!


ロッキィ:・・・(目礼)
武狼:
バリツ、ですか。少しは楽しめそうですね

ロッキィは【自然体】、中下段庇い:1でスタート
武狼は【ステッピング】、中下段庇い:0でスタート


ロッキィは庇いを中下段庇い:0に変更、【喉輪落し※1】、武狼はこれを見切れず

ロッキィ:ッ!
武狼:
…まったく、蝿が止まって見えますね。

ロッキィは動作フェイント【パンチ(−7)】
武狼はここで割り込んでカウンター、一歩踏み込んで【予備フェイント(1)】から【コンビネーション※2】、ロッキィはこれを見切れず。

武狼:これで終わりです、さようなら。
ロッキィ:
・・・ハ!(血を拭う)

武狼は【掃腿】
ロッキィは【避け】に失敗、転倒確定の空中
武狼は動作フェイント【パンチ(6)】から【追撃/KOフック指角】を脳へ
ロッキィは【諸手受け止め】に失敗、重傷。自動気絶は根性で覆す。

グラッツ:武狼!決めるなら一撃で決めやがれ、こう言う風にな!!
ロッキィ:
……!!

ここでグラッツが乱入、【KO掌底フック】を脳へ。
ロッキィは【受け止め】に失敗、脳へ貫通の致命傷。自動気絶は根性で覆せずに気絶。

ミレーユ:先手を取ったのはロッキィ選手、まずはパンチで軽く牽制…っと武狼選手一期に踏み込んで脚を払ってテンプルへ一撃!!さらにその後にグラッツ選手が入りこんで止めとばかりに一撃!!決まったァ!!そこまで!二回戦への切符を手にしたのはteam「Murder」!!

K.O!

勝者・武狼:ナイスタイミングです(微笑)
グラッツ:ふんっ、貴様一人に任せておけるか

ロッキィ:カグラ、すまない。足を引っ張ってしまって


講評
委員長:敗因はパンチフェイント、ですね。ただでさえ高い武狼選手のフェイント抵抗がさらに高くなりますからね。
副委員長:やはり【フェイント】の習得をお奨めするな。
蘇芳:あとは、やはり防御面が少し弱いな。専門化に頼りすぎているせいで少しでも自分の土俵から外れると脆さが出てきてしまう

ロッキィ選手について
 構えの前提を満たしていなかったので構えは【自然体】とさせていただきました。


一回戦対戦カードへ戻る  四試合目カードへ  第1ラウンドへ  対戦結果へ

名称変更

※1喉輪落とし(神楽)
 パンチ(前/上段)→組み手争い(左、下段)→倒し
          →掴み手(右、上段)
 切り換え 大技 左右、高さの指定

※2コンビネーション(武狼)
 前足掃腿(下段)→前手パンチ(中段)(→連携)
  大技増強+1、連携増強                 計+2
   ステッピングのみ、被ガード時終了、左右指定、高度指定 計−4

両者被害状況

武狼:無傷
ロッキィ:ダメージ20


Copyright : zinnia(mailto : zin12@hotmail.com)
Website : Garden of Freedom(URL : http://garden7010.tripod.com/)